借金 返せない 自己破産

借金を返せない その理由とは

今月は苦しい借金が返せない

最初は本当に気軽な気持ちで借金をスタートさせる方がほとんどです。

 

それがいつの間にか自己破産を考えるほどの多重債務に。

 

でも待って下さい。自己破産するには及ばないケースが多いのです。

 

頻繁に利用するお店でクレジットカードの勧誘をされた、どうしても欲しい車があったのでローンを組んだ、生活費が足りないので1万円ならすぐ返せると思いキャッシングを利用した等、借金をスタートさせる理由は色々あります。

 

 

最初は問題なく返済ができるため、だんだん気持ちも緩んできます。そうすると、欲しい洋服があるからクレジットカードで買おう、今月は遊興費が足りないからキャッシングしよう、と借金に対する抵抗感は次第に薄れていき使いすぎてしまうことも…。

 

 

そして、気がつけば毎月の返済額が増えすぎて返済をすることが難しくなるのです。毎月の収入に対する返済額が多いため、その場しのぎとわかっていながらも返済をするためや生活費を捻出するために新たにカードローンを申し込んでしまいます。

 

最終的には複数の銀行や消費者金融からの借入で多重債務者となり、借金が膨らみ、収入のほとんどが返済に充てられるため生活が破綻し、借金を返せない状態になってしまうのです。

返済を続けられないとどうなってしまう

貸金業者から矢継ぎ早の催促

返済を続けることができなくなると、状況はどんどん悪くなっていきます。まず、返済が滞るとすぐに債権者からの催促がはじまるでしょう。最初は電話がかかってきて、いつまでに返済ができるかを聞かれます。

 

約束の日までに借金を返せない場合や、電話を無視している場合は自宅に督促状が送られてくるようになるでしょう。一括弁済や分割弁済の提案などをされる場合もあります。

 

それでも借金を返せない場合、督促を無視し続ける場合は裁判所に訴訟を提起されてしまうのです。

 

裁判所へ出向き分割弁済などの和解をすることもできますが、なかなか法律知識がないと一人で裁判所へ出向く決断は難しいと思います。

 

 

もし、裁判所の手続きに関しても無視をしてしまうと、債権者の勝訴判決が確定し、判決が確定してしまうと債権者は差し押さえをすることが可能になるため、財産や給与の差し押さえ手続きが開始されてしまいます。

 

給与の差し押さえをされてしまうと、職場に差し押さえに関する書類が送られ、職場の人に借金があり滞納をしていることを知られてしまうでしょう。

 

こうなる前に、返済が続けられなくなった場合は早めに対策をとることが先決です。

借金を返せなくなったら自己破産するのか

相談の席に着く

多重債務に陥り借金が返済できなくなると真っ先に頭に浮かぶのは「自己破産」ではないでしょうか。しかし、借金を返せなくなった場合に、自己破産以外にも解決する方法はあります

 

自己破産は債務整理の中のひとつの手段です。他の債務整理の方法に「任意整理」と「個人再生」があります。それぞれについて、簡単に説明しましょう。

 

 

「自己破産」は、借金をすべて返せないことを裁判所に申立てをする債務整理の方法です。この申し立てが認められれば借金をすべて支払わなくてよくなりますが、財産がある場合は没収されます。

 

 

「個人再生」は、借金を大幅に減額して分割弁済をしていきたいことを裁判所へ申立てをする債務整理の方法です。この申し立てが認められれば借金を大幅に減額でき、無理なく返済をしていくことができます。自己破産と違い、家や車などの財産がある場合は没収されない場合もあります。

 

 

「任意整理」は、弁護士や司法書士が債権者と直接やりとりをして毎月の返済可能額や返済期間を話し合ってくれます。裁判所での手続きはないため自己破産や個人再生と比べると手続きは簡単です。

 

 

このように、借金を返せなくなっても自己破産以外に解決する方法があります。借金を抱えることになった経緯や借金の総額、現在の収入など個人により様々な事情があるため、借金を返せなくなっても自己破産より個人再生の方がいい方や、任意整理で返済していきたいと感がられる方もいます。自己破産は、借金をすべて無くすわけですから最終手段と考えたほうが良さそうです。

最適な解決法を選び借金整理

進むべき方向を示してくれる

自己破産・個人再生・任意整理のいずれの債務整理をするかは、現在の収入や借金の総額、今後の返済能力など借金問題の専門家である弁護士や司法書士が個別に判断し、最適な解決方法を導き出してくれます。

 

 

しかし、身近に法律家の知り合いがいる方は少なく、法律家に相談すること自体すこし抵抗があるかもしれません。

 

例えば、弁護士や司法書士に相談すると、それだけで高額な相談料の請求があるのではないかと心配になったり、近くの法律事務所へ行くと自分に借金があることを身近な人に知られてしまうのではないかと不安に思うこともあるでしょう。

 

 

そういったことを不安に思われる方はとても多いのですが、今はいきなり高額な相談料を請求されることはほとんどありませんし、法律家には守秘義務がありますので相談をしたからといって周りに知られることは絶対にありませんので安心してください。

 

まずは、現在の借金苦からぬけだすために最適な解決方法を選び、借金を整理することがもっとも大切です。

 

 

そこでお勧めなのは無料の法律相談です。無料の法律相談だと気軽に相談できますし、今後法律家に債務整理を依頼するかどうかの判断にとても役立ちます。

 

債務整理にかかる費用や法律家に支払うお金についても教えてくれます。まず、気軽に無料相談してみるのがいいでしょう。

 

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談